心も身体も芯から温めてくれる!ウイスキーのホットカクテル5選

寒い日は、ホットウイスキーで芯からぽっかぽかです。

ストレートで飲んでも胸がカァッと熱くなるウイスキー。もう少しマイルドに温めてくれる飲み方があります。それはホットカクテル。温めることでウイスキーの芳醇な香りが強くなり、より風味豊かな味わいが楽しめます。

今回は、そんな芯から温めてくれるホットカクテルをご紹介します!

1・紅茶とウイスキーで香り豊か:アイリッシュ・アフタヌーン

材料

  1. アマレット 20ml
  2. グレナデンリキュール 10ml
  3. アイリッシュウイスキー 20ml
  4. シナモンスティック 1本
  5. 暖かい紅茶 適量

つくり方

まずアイリッシュウイスキーとグレナデンリキュール(ザクロ酒)とアマレット(アーモンドのような香りを持つリキュール)をグラスに注ぎます。

そこに紅茶を加え、香りが飛ばないようにゆっくり混ぜます。そして、最後にシナモンスティックを入れれば完成です。

香り豊かな紅茶と芳醇な風味のウイスキーの相性は抜群! 就寝前の一杯としてもおすすめです。

2・紅茶があるなら、コーヒーも:アイリッシュコーヒー

材料

  1. アイリッシュウイスキー 20ml
  2. ホットコーヒー 40ml
  3. 砂糖 適量
  4. 生クリーム 20〜30ml

つくり方

生クリームに砂糖を加え2〜3分泡立てます。ふんわりしてきたらいったん置き、次はコーヒーを淹れます。クリームを乗せるので、少し濃いめに淹れるのがおすすめです。

それにウイスキー、砂糖を加え、スプーンで混ぜます。最後にホイップしたクリームをコーヒーにのせて完成!

紅茶と違い苦味と酸味が主役のコーヒー。こちらも深い味わいのウイスキーと相性が良いです。ボイップクリームによって甘みと滑らかな舌触りも加わり、風味豊かな味わいが楽しめます。

3・レモンの爽やかな安らぎ:ホット・ウイスキー・トディ

材料

  1. ウイスキー 45ml
  2. お湯 適量
  3. 角砂糖 1個
  4. レモンスライス 1枚
  5. クローブ 2、3粒

つくり方

まず、温めておいたタンプラーに角砂糖を入れ少量のお湯で溶かします。そこにウイスキーと残りのお湯を注ぎ、クローブ、レモンスライスを飾れば完成!

さらにシナモンやオレンジなど、お好みをフレーバーを加えればさらに風味が豊かになります。

レモンの酸味やクローブのフレーバーがウイスキーのコクを引き立てます。簡単で美味しいホットカクテルが飲みたい方はぜひお試しくださいね。

4・ジンジャーでさらにぽっかぽか:ホットウイスキー&ジンジャー

材料

  1. ウイスキー 30ml
  2. お湯
  3. すりおろした生姜 1/2tsp(ティースプーン)
  4. はちみつ、またはブラウンシュガー 適量

つくり方

グラスにウイスキーとお湯を注ぎ、お湯割にします。そこに生姜をすりおろし、お好みではちみつ、またはブラウンシュガーを加えればできあがり。

ゆずやオレンジ、レモンも加えれば、さらに風味が豊かになります。心も身体もほっこりと温まる1品。

5・意外にホットでもいける!:ホット・コークハイ

材料

  1. ウイスキー 30ml
  2. コーラ 適量
  3. ライム 1/2個

つくり方

コーラを注いだタンブラーを電子レンジで40〜70秒ほど温めます。※温めすぎると炭酸が抜けてしまうので注意。温めたコーラにウィスキーを注ぎ、ライムを加えれば完成!

冷たいコークハイは飲みやすいカクテルで有名ですが、意外とホットでもいけるんです。ホットにすることでコーラの甘みとコクがでて、さらに濃厚なカクテルに。

ウイスキーの香りも立ち、深い風味を楽しめます。温めは電子レンジでOKという手軽さも、このカクテルの魅力です。

まとめ

みなさん、いかがでしたか?

ホットカクテルを飲めば、きっと心も身体も温まります。寒い夜に、就寝前にも飲むにもおすすめ! ホッと休まるひとときを楽しんでくださいね。

残ったウイスキーで手軽に!女性におすすめの甘いウイスキーカクテル4選


二日酔いにお悩みですか?

もしあなたが二日酔いにお悩みでしたがお力になれるかもしれません。私自身もお酒好きで二日酔いには悩まされています。そんな方へのおすすめ情報があります。



グラスで晩酌が変わる!

毎日の晩酌が楽しくて日々の仕事を頑張っている方は多いでしょう。私もその一人です。そんな人生の楽しみである『晩酌』をさらにすばらしいものにするための提案です。最高のグラスで最高の晩酌をしませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です