少し変わった大人のウイスキーカクテルで晩酌はいかが?

世界中どこへ行ってもカクテルのレシピはほぼ一緒です。もちろんちょっとは違うものも有りますし、私も世界中を旅行した訳ではありませんが…

ドライマティーニなどは、ブレンドするものはドライジンとドライベルモットそれにレモンをピールするだけなのに、完成度は大きく変わってきます。

そこで、自分の中に一つの味の基本を持っておこうと思い、ドライマティーニの第一人者とも呼ばれる人のBARへドライマティーニを飲みに行きました。

完璧な味でした…マティーニを注ぐ前に一滴、何かを入れたんですよね~何だったのでしょう。もう一杯何かをと考えていると友人は、ボトラーズのラフロイグを頼みました。

私はせっかく腕の良いバーテンダーが居るのだから、何か作ってもらおうと思っていると、普段は何を飲んでいるのか聞かれ、シングルモルトでアイラが好きと話すと、ではラフロイグを使ってロブ・ロイなんていかがでしょうか、とバーテンダー。

ロブ・ロイ

このロブ・ロイというカクテルは18世紀の義賊“赤毛のロバート”ことロバート・ロイ・マグレガーの通称ロブ・ロイに由来しています。

このカクテルを最初に作ったのはロンドンの高級ホテル「ザ・サボイ」のバーテンダー、ハリー・クラウドックです。ロブ・ロイは別名、スコッチ・マンハッタン、パーフェクト・マンハッタンとも呼ばれています。

ロブ・ロイの作り方

  • スコッチウイスキー:2
  • スイートベルモット:1
  • アンゴスチュラ・ビターズ:数滴

これをミキシング・グラスに注いでマラスキーノ・チェリーを飾ってできあがりです。

さて私が飲んだ、スコッチウイスキー2の部分がラフロイグだったロブ・ロイ。これまた完璧でした。スイートベルモットゆえの甘さを確実に突き抜けてくるラフロイグのスモーキーな味わいを、しっかりと楽しみました。

ラスティー・ネイル

ラスティー・ネイルというカクテルの名前には、“錆びた釘”という意味があります。その名前の由来には、色合いが錆びた、つまりRusty、釘つまりNailのように赤茶色のため、という説と、イギリスの俗語で、古めかしい物、という意味から来ているという説の二通りがあります。

ラスティー・ネイル作り方

  • スコッチウイスキー45ml
  • ドランブイ15ml

これを氷を入れたオールドファッショングラスに注ぎステアします。

レシピに含まれるドランブイは、モルトウィスキーをベースに作られるリキュールの一種で、甘いのです。ですから甘いカクテルが苦手な人はレシピの分量を変えてドランブイを少なくすると良いです。

私はBARでラフロイグを使ってラスティー・ネイルを飲みたいと思い、バーテンダーに「このBARではラスティー・ネイルに入れるスコッチ、何入れているんですか?」と尋ねたら、「デゥワーズですが…」と言われ、「では、それでお願いします。」と言ってしまいました。

「……」の部分に、「何か?」という声が聞こえてしまったのである。確かにブレンデットウイスキーのデゥワーズを使えば、バランスが良くて万人受けするラスティー・ネイルができます。

確かにそのBARのラスティー・ネイルも美味しかったです。でも、ちょっとアクセントの有るカクテルを楽しんでみたい気持ちになる事ってありますよね。

ウイスキーミスト

ウイスキーミストの作り方

  1. ウイウキーグラスにクラッシュアイスを満たす
  2. グラスにウイスキーを満たす
  3. 好みに応じてレモンを絞る

これで出来あがり。その時、急激に冷やされたグラスには霧のような水滴に覆われます。それで、このカクテルの名前がウイスキーミストという訳です。

漫画レモン・ハートのBARのカウンターで年配の男性、つまりお爺さんがスプリングバンクのウイスキーミストを飲み、学生時代過ごしたグラスゴーを懐かしく思い起こすシーンが有ります。

スプリングバンクのウイスキーミストなんて、贅沢じゃあ無いですか。氷を入れると香りが発ちづらくなる、味わいが…なんてことは後にして、氷でキンキンに冷えたシングルモルトを飲みたくなる夏があります。


二日酔いにお悩みですか?

もしあなたが二日酔いにお悩みでしたがお力になれるかもしれません。私自身もお酒好きで二日酔いには悩まされています。そんな方へのおすすめ情報があります。



グラスで晩酌が変わる!

毎日の晩酌が楽しくて日々の仕事を頑張っている方は多いでしょう。私もその一人です。そんな人生の楽しみである『晩酌』をさらにすばらしいものにするための提案です。最高のグラスで最高の晩酌をしませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です