「モルト」「グレーン」「ブレンデッド」って何が違うの?スコッチ・ウイスキーの例に解説

ちょっとした雑学があると、お酒を嗜むのがもっと愉しくなります。話のタネになるような面白い話も、良い酒の肴になります。もちろん自慢話の押し売りはよろしくありませんが、ついつい話したくなるウイスキーの話を致しましょう。

今回は、スコッチ・ウイスキーを例にとり、『モルト』や『グレーン』、『ブレンデッド・ウイスキー』といったウイスキーの用語を解説しながら、タメになる雑学をご紹介致します。

”モルト・ウイスキー”と”グレーン・ウイスキー”

スコッチ・ウイスキーは原料となる穀物を基準に二種類に大別できます。大麦麦芽を原料とした『モルトウイスキー』とトウモロコシなどの安価な穀物を原料とした『グレーンウイスキー』です。

ブレンデッド・ウイスキー

モルトウイスキーやグレーンウイスキーなどの複数のウイスキー混合して味や香りを調整して造られるのが、『ブレンデッド・ウイスキー』です。

ブレンデッド・ウイスキーの手法が確立されて以後は「スコッチの歴史は、ブレンデッドの歴史である」と評されるほどスコッチ・ウイスキーになくてはならぬ製法になりました。ブレンデッド・ウイスキー造りに欠かせないのが、「ブレンダー」の存在です。

ブレンダーとは、数え切れないほど多数の銘柄のモルトウイスキーやグレーンウイスキーを樽から取り出して集め、適切な配合で調合する職人のことです。味や香りを繊細な味覚と嗅覚で感じ取り、一つの作品として調合するプロフェッショナルです。

シングルモルトウイスキー

『シングルモルト』とは、大麦麦芽のみを原料としたウイスキーの銘柄をグレーンウイスキーやブレンデッド・ウイスキーと区別するための種別で、大麦麦芽を原料とするモルトウイスキー単体の銘柄であることを示します。

口にしてわかる『モルト』『ブレンデッド』の違い

基礎知識はともかく、肝心の味や香りの違いについてお話ししましょう。特に、今回はスコッチの「シングルモルトウイスキー」と「ブレンデッドウイスキー」の違いについて書いてゆきたいと思います。そうは申しましても私見に過ぎませんので参考と思って頂きたいと存じます。

シングルモルトウイスキーは「ソロ演奏」を聴いているような、と私は喩えます。個性がはっきりしていて、シンプルで太い感じと申しましょうか。それに比べるとブレンデッドウイスキーというのは交響曲のようです。

様々な蒸留所の個性あるお酒たちが、それぞれの良さを活かし合って複雑に絡み合いながら一つになっている。それぞれが別の旋律のようでいて、互いに補い合っています。

ウイスキーから、人を想う

ウイスキーは骨太のイメージが強いお酒だと思います。色からして、渋いですね。硬派で厳しいイメージがありながら、その実とても繊細です。飲み方も様々なら、銘柄の個性もいろいろ。まだ発見されていない良さがたくさんあるように思います。

ファンの一人として、少しずつでも、良さを開拓してあげたいと思っています。知れば知るほどイメージと違うところが、良さになっているような、「ギャップ萌え」とも言えそうな魅力です。

また、ウイスキーは熟成に長い時間を要します。熟成期間を経て樽の成分がお酒に移り、お酒に化学変化がおこります。その様を思うと、人の成長も似ているようです。

初めは全く別物である木製の容器と蒸留酒が成分を交換し合い、あの繊細さと強さを持ち合わせるようになるのだと思うと、自分も時間をかけてもっと良い何かになってゆくのだろうかと思えます。

違った個性を持つウイスキーたちが一つの瓶の中で交響曲を生み出すのかと思えば、人々にもそれができるだろうと信じることができます。チームで仕事をする人々のことを考えながら、ブレンデッド・ウイスキーを楽しみたいです。シングルモルトのように一人で過ごすのもいいものです。


二日酔いにお悩みですか?

もしあなたが二日酔いにお悩みでしたがお力になれるかもしれません。私自身もお酒好きで二日酔いには悩まされています。そんな方へのおすすめ情報があります。



グラスで晩酌が変わる!

毎日の晩酌が楽しくて日々の仕事を頑張っている方は多いでしょう。私もその一人です。そんな人生の楽しみである『晩酌』をさらにすばらしいものにするための提案です。最高のグラスで最高の晩酌をしませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です