シングルモルトじゃないんです!実は竹鶴はピュアモルト!?

シングルモルトブームに更に火を付けた、NHKの朝ドラ。その主人公は竹鶴政孝でしたね。そのドラマの影響で多くの人にウィスキーが知られるようになり、シングルモルトも知られるようになりました。

それを知るようになった人たちがウィスキーを買いに走る、ドラマの主人公の名前の書かれている竹鶴を買う、決して安く無い竹鶴を買った人は、これが今流行りのシングルモルトだと思う…ところが、そうでは無いのです。竹鶴はシングルモルトでは無く、ピゥアモルトウイスキーです。

シングルモルトとは一つの蒸留所で造られたモルトだけをボトリングした物を言います。それに対してピュアモルトとはモルトウィスキーだけを使いながら、蒸留所を超えてブレンドされるウィスキーの事です。

ニッカウヰスキーのピュアモルト竹鶴は、余市蒸留所のモルトと、宮城峡蒸留所のモルトをブレンドして造られたウィスキーです。

竹鶴政孝の夢

ニッカウヰスキーの創業者竹鶴政孝は、現在の サントリーホールディングスである寿屋 宝酒造である摂津酒造に務めていた時に上層部の命により、スコットランドにウィスキー修行に行き、ウィスキー造りの技術を日本に持ち帰ってきました。

その後寿屋の希望通り山崎に蒸留所を造り寿屋を勤め上げた後、竹鶴政孝の夢の地である北海道の余市に蒸留所を造りました。なぜ北海道が夢の地だったのか、それは緯度的にも環境的にも竹鶴政孝がウィスキー修行したスコットランドと似ている場所だったからです。

しかし、竹鶴政孝の夢はそれで終わりませんでした。竹鶴は「二ヶ所以上の違った土地でできるウィスキーをブレンドすることが理想である」と考えていたのです。

竹鶴は昭和42年宮城県の広瀬川と新川の合流地点に、ニッカウヰスキー第二の蒸留所となる宮城峡の建設をする事に決めました。因みに新川はニッカワと発音しますが、ニッカウヰスキーのニッカとかぶっているのは偶然です。

竹鶴政孝の夢の蒸留所、余市蒸留所と宮城峡蒸留所のブレドであるピュアモルトウィスキー竹鶴は、竹鶴政孝の夢のウィスキーと言えるのでは無いでしょうか。

ピュアモルトウィスキー竹鶴

今、公式サイトに掲げられているラインナップは、竹鶴、竹鶴17年、竹鶴21年、竹鶴25年です。この竹鶴政孝の夢であるピュアモルトウィスキー竹鶴がどれほど凄いものかは世界の評価が物語っています。

「竹鶴ピュアモルト」は国際的な品評会で数々の受賞を重ねてきました。世界最高峰にも輝きました。2013年には、インターナショナル・スピリッツ・チャレンジで、竹鶴25年、21年、17年、12年全てが銀賞を受賞しています。

2014年にはインターナショナル・スピリッツ・チャレンジで、竹鶴21年と、竹鶴ピュアモルトが金賞を受賞し、竹鶴17年がワールド・ウイスキー・アワードでワールド・ベストブレンデットモルト(ピュアモルト)を受賞しています。

2015年にはインターナショナル・スピリッツ・チャレンジで、竹鶴25年と21年が金賞を受賞、竹鶴17年がワールド・ウイスキー・アワードでワールド・ベストブレンデットモルト(ピュアモルト)を受賞しています。

ピュアモルトウィスキー竹鶴を飲む時は、これが世界の認めるウィスキーか~という思いを込めて飲みましょう。

ピュアモルトの良さ

シングルモルトの良さは、それぞれの蒸留所の個性を楽しめるところにあります。しかし、個性的な蒸留所のシングルモルトは飲みづらいという人は少なく無いはずです。

ではピュアウイスキーを造る時に、ブレンダーは何を考えるのでしょうか。大抵の場合多くの人に受け入れられる、バランスの取れたウィスキーを造ろうと考えるのではないでしょうか。

竹鶴の場合それを余市と宮城峡の二つの蒸留所のモルトから選べる訳ですから、良い樽を選ぶ幅が増えるという訳です。ある意味シングルモルトよりバランスの良いウィスキー、ピュアモルト竹鶴をお楽しみください。


二日酔いにお悩みですか?

もしあなたが二日酔いにお悩みでしたがお力になれるかもしれません。私自身もお酒好きで二日酔いには悩まされています。そんな方へのおすすめ情報があります。



グラスで晩酌が変わる!

毎日の晩酌が楽しくて日々の仕事を頑張っている方は多いでしょう。私もその一人です。そんな人生の楽しみである『晩酌』をさらにすばらしいものにするための提案です。最高のグラスで最高の晩酌をしませんか?


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください