本場で楽しむ!独特の味わいを持つアイラ島のシングルモルトとは

シングルモルトの本場スコットランドは本土自体もグレートブリテン島の一部構成していますが、多くの島々を持ち、その中の一つにアイラ島が有ります。

このアイラ島はスコットランド本島の西に位置していて、メキシコ湾流の影響で、スコットランド本島よりも温暖な日が多い島です。

スコットランドの他の島で造られるシングルモルトはアイランズという地域に分けられていますが、このアイラ島だけはアイラモルトという地域分けになっています。それはアイラ島に有る蒸留所の多さや、独特の味わいゆえかも知れません。

現在アイラ島では、ボウモア蒸留所、アードベッグ蒸留所、ラフロイグ蒸留所、カリラ蒸留所、ブルイックラディー蒸留所、キルホーマン蒸留所、ブナハーブン蒸留所、ラガヴーリン蒸留所が稼働しています。アイラモルトファンであるならば、全ての蒸留所のシングルモルトを飲んでいることでしょう。

アイラモルトの特徴

アイラ島は、スコットランドの湿地帯に産するヒースや水生植物などが炭化した泥炭であるピートが豊富に有る事で有名です。

アイラモルトはそのピート臭さに特徴が有ります。ただブルイックラディー等、ウチはアイラモルトだけどピート香は軽めだよ~と主張している蒸留所も有ります。

それでも他の地域の蒸留所と比べるとピート香が強いです。加えて島であるゆえの潮の風味と、麦芽を燻した時のスモーキーな風味も特徴的です。

ラガヴーリン

ラガヴーリン蒸留所を紹介しましょう。ラガヴーリン蒸留所は1816年創業ですが、創業前の禁酒令時代からの歴史を持つ蒸留所です。

ラガヴーリンのラインナップで常時販売されているのはラガヴーリン16年のみです。16年という所に拘りを感じませんか。

大抵の蒸留所のロープライスシングルモルトは、ノーエイジーか、10年、12年ですが、ラガヴーリンは16年なのです。このラガヴーリン16年の前面に出ている味は、ピートから来る、ヨード香と礒の薫り、又は味わいを感じます。

それってどんな味?薫り?と聞かれると、赤チンの様な薫りです。最近赤チンってあまり聞きませんが、子供の頃赤チン大好きだった人、赤チンを飲みたかったけど飲めなかった人は大好物に成ると思います。

しかし、シングルモルトに挑戦し始めたばかりの人で、ラガヴーリンは無理、苦手という人もいることでしょう。しかし、シングルモルトを飲み続け、スコットランドを一周して来たら再びラガヴーリンに戻ってきて下さい。

もしかしたら赤チンの裏に有るシェリー樽の優しさに気付くかもしれません。ラガヴーリン16年は公式発表ではオーク樽で寝かせていると言っていますが、シェリー樽にも寝かせているのではないかと言われているようです。

是非あなたの舌で確認してください。このラガヴーリン蒸留所は16年の他に不定期に、ディスティラーズエディションとラガヴーリン12年を販売しています。この12年はカスクストレングスです。

オクトモア

オクトモアを語るには、ブルイックラディー蒸留所を語らなくてはなりません。ブルイックラディー蒸留所は1881年に創業しましたが1994年に一旦閉鎖されました。

しかし、2001年に操業が再開されたのです。新オーナーに一人は、かつてボウモア蒸留所でブランド・アンバサダーまで務めた、ジム・マキューワン氏です。この蒸留所では普通にブルイックラディーの名でシングルモルトを販売していますが、オクトモアなるシングルモルトも製造販売しているのです。

このオクトモアのフェノール値がすごい!このフェノール値というのは、ピートの薫り等を数値に変えて測る値の事です。スモーキー度合いを測っている数値とも言えると思います。

このフェノール値、ボウモアは18~20ppm、カリラは35ppm、ラガヴーリンは30~40ppm、ラフロイグは50~60ppm、アードベッグは55~65ppm、くらいと言われていて、オクトモアには167ppmの物があります。

…の物が有りますというのは、毎回少数生産で販売され、販売される物によって多少の誤差が有るからです。しかし、フェノール値が桁違いにすごい事は確かです。煙を飲んでいるような感覚に襲われるかも?

あなたも是非アイラモルトに一歩足を踏み入れて下さい。


二日酔いにお悩みですか?

もしあなたが二日酔いにお悩みでしたがお力になれるかもしれません。私自身もお酒好きで二日酔いには悩まされています。そんな方へのおすすめ情報があります。



グラスで晩酌が変わる!

毎日の晩酌が楽しくて日々の仕事を頑張っている方は多いでしょう。私もその一人です。そんな人生の楽しみである『晩酌』をさらにすばらしいものにするための提案です。最高のグラスで最高の晩酌をしませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です