日本のシングルモルトといえばこれ!【山崎】を徹底解剖

日本のシングルモルトというと直ぐに山崎を思い起こす人は少なく無いはずです。何と言ってもシングルモルト山崎を造っている山崎蒸留所は日本で最初のウイスキー蒸留所なのですから。

シングルモルトは味も去る事ながらその歴史を楽しめるウイスキーでもあります。それで少々山崎蒸留所の歴史を紹介したいと思います。

1923年

現在のサントリーホールディングスの前進、寿屋の社長鳥井信治郎は本格的なウイスキーを造りたいと考えていました。そこで社員である竹鶴政孝をスコットランドに行かせ、本格的なウイスキー造りを学んで来させました。

スコットランドでウイスキー造りを学んだ傍ら?恋もした竹鶴政孝はスコットランド人のリタを嫁として連れて帰国します。それから蒸留所の場所選びに成る訳ですが、竹鶴政孝はスコットランドと緯度も環境も近い北海道に蒸留所を造りたいと考えました。

しかし社長の鳥井信治郎がそれを許さず、輸送コストもかからず工場見学の客も見越せる現在の山崎蒸留所に場所を決めました。それが1923年の事です。

良質の水と時間

ウイスキー造りには良質の水と時間が必要です。この水に関して山崎蒸留所は良い位置に有ります。山崎はその昔、千利休が茶屋を設けた場所で、宇治川、木津川、桂川という水質の良い3つの川が合流する位置なのです。

その為霧も立ち込み、樽を寝かせるには良い環境が整っています。蒸留所ができ稼働した後、ウイスキーは樽の中で寝かせなければなりません。

竹鶴政孝はスコットランドでそのことを良く学んで来ましたが、会社としては例え粗悪品で有ったとしても早く出荷したかった様です。

それもその筈、蒸留所を造る為に莫大なお金が掛かっているのですから。そんなせめぎ合いの中で日本の本格的ウイスキー造りが始まったのが山崎なのです。

ラインナップ

現在販売されているシングルモルトサントリー山崎のラインナップを紹介しておきましょう。一般に販売されているのは、サントリー山崎、山崎12年、山崎18年、山崎25年です。

少し前まで販売されていた山崎10年が終売に成り、代わり年数表記の無いサントリー山崎が販売されるように成りました。昨今のハイボールブームに合わせてなのでしょうか。少し寂しい気持ちになります。

これらのシングルモルト山崎を並べて見てみますと、年数表記が増すにつれ色が濃く成っています。年数が経つほど熟成し、樽の影響も大きく出ている事が解ります。

ブレンダーの技量

シングルモルトとは一つの蒸留所のモルト樽だけをブレンドした物を言いますから、上記に挙げたシングルモルト山崎もブレンドされています。これは考えてみるとすごいことだと思いませんか。

樽一つ一つはそれぞれの個性を持っています。その一つの樽をブレンドとして使いきってしまうと、また違う樽を開けなければなりません。その中で安定した味を造り上げているブレンダーに感服します。

カスクストレングス

不定期に、シングルモルト山崎カスクが販売される事が有ります。最近では、2016年2月2日に山崎シェリーカスク2016が販売されました。

2016年4月現在40,000円くらいで手に入れる事ができそうですが…買います?私は経済的事情で買えません。その山崎シェリーカスクには、山崎蒸留所設立当時から使用されている樽と同じスパニッシュオーク製のシェリー樽で熟成した山崎モルトのみをヴァティングしたシングルモルトウイスキーです。

厳選されたシェリー樽由来の凝縮された果実香、濃厚かつまろやかで複雑な味わい…等と書かれています。味わいを想像できますか?百聞は一舐めにしかずと言います?こんな山崎が飲みたい時は、置いて有りそうなBARに行きましょう。一生忘れない味に出会えるかも知れません。


二日酔いにお悩みですか?

もしあなたが二日酔いにお悩みでしたがお力になれるかもしれません。私自身もお酒好きで二日酔いには悩まされています。そんな方へのおすすめ情報があります。



グラスで晩酌が変わる!

毎日の晩酌が楽しくて日々の仕事を頑張っている方は多いでしょう。私もその一人です。そんな人生の楽しみである『晩酌』をさらにすばらしいものにするための提案です。最高のグラスで最高の晩酌をしませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です