まさに大人のテーマパーク!工場見学好き必見の山崎蒸留所に行ってみたい

ウイスキー好きのみならず、工場見学好きもまず行っておきたい場所です。

大阪と京都の境目あたり、三島郡島本町山崎にある山崎蒸留所。そこでは、言わずと知れたウイスキー「山崎」や「響」をはじめとした、世界に誇る品質のウイスキーが作られています。

寿屋(現サントリースピリッツ株式会社)創業者・当時の社長である鳥井信治郎が蒸留所開設を企画した際に、1923年にスコッチの本場スコットランドでウイスキー製造を学んだ竹鶴政孝を招聘し、山崎蒸溜所長に任命。

鳥井が、京阪神付近の交通の便が良い所で、かつ良い水のある場所に建設を命じ、かつて千利休が茶室を設けた山崎に開設されました。この山崎蒸留所が、日本で初めての蒸留所です。

蒸留所では何が行なわれている?

そこでは、ウイスキーを作るうえで重要な工程が全て行われます。まずはウイスキーの元となる、多彩な個性のモルト原酒づくり。「仕込み」、「発酵」、「蒸留」、「貯蔵」という工程を経て、熟成されたモルト原酒が作り出されます。

そのモルト原酒をもとに、同じ蒸溜所のモルトウイスキー原酒のみを組み合わせてつくる、“山崎”や“白州”などのシングルモルトウイスキー。

モルトウイスキー原酒とトウモロコシなどの穀物を原料とするグレーンウイスキー原酒を組み合わせてつくる、“響”や“ローヤル”などのブレンデッドウイスキーが誕生するのです。

最終的にウイスキーに品質を決めるのは 、高いブレンドの技を持つブレンダーの存在。世界に誇る品質が生まれるのは、ブレンダーの確かな技の証しです。

大人の工場見学

そして、蒸留所は見学ができることでも有名、山崎蒸留所も事前予約をすれば蒸留所内を見学をすることができます。

「仕込み」、「発酵」、「蒸留」、「貯蔵」という一連の工程を見学することでき、また、土・日・祝には、シングルモルトウイスキーの知識や魅力などについて解説する有料セミナーも開催しています。

「山崎ウイスキー館」ではウイスキー7000本やポットスチル・発酵槽などが展示されており、サントリーが製造、輸入しているウイスキーを試飲できます!! さらに1986年の「山崎」など蒸留所限定ウイスキーも多数あり、価格もお手ごろとか…マジかよ!

また、ファクトリーショップでは、ウイスキーやグラス、使用済み樽を再利用したグッズ等の商品も置いてあります。ウイスキー好きにとって天国ですね。

山崎蒸溜所ツアー(有料 ¥1,000)

山崎蒸溜所ならではの、多彩な個性のモルトウイスキーを生み出すつくり手のこだわりに触れ、シングルモルトウイスキー「山崎」の構成原酒をテイスティングできる。スタッフのガイドもあり、「山崎」の魅力を存分に体感できるツアーです。

山崎ウイスキー館見学(無料)

ウイスキーに関する展示や、テイスティングカウンターで山崎蒸溜所でしか飲めないウイスキーなども楽しめる。YAMAZAKI DISTILLERY GIFT SHOPでお土産もあり!

どこにあるの?

そんな山崎蒸溜所、水のおいしい場所にあるということで、山奥の交通アクセスが悪い場所と思われがちですが、かなりアクセスが良いです。

JR大阪駅からだと快速で20分弱、JR西日本東海道本線(京都線)山崎駅から徒歩7分ほどで到着。ちなみに、隣接する島本駅では、サントリーオールドのCMに使われていたメロディ(夜がくる)が入線メロディーとして使われているそうです。

山崎駅より目的地は遠くなってしまうのですが、特別感を味わえるという意味では、あえて島本駅から行くのもありですね。

まとめ

いかがでしたか?

「山崎」や「響」好きのみならず、ウイスキー好きは一度は訪れたい場所、山崎蒸留所。駅からもアクセスが良く、気軽に足を運べますので、ぜひ行ってみてくださいね!

世界的なウイスキー『山崎』シリーズの全24種類を徹底網羅!


二日酔いにお悩みですか?

もしあなたが二日酔いにお悩みでしたがお力になれるかもしれません。私自身もお酒好きで二日酔いには悩まされています。そんな方へのおすすめ情報があります。



グラスで晩酌が変わる!

毎日の晩酌が楽しくて日々の仕事を頑張っている方は多いでしょう。私もその一人です。そんな人生の楽しみである『晩酌』をさらにすばらしいものにするための提案です。最高のグラスで最高の晩酌をしませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です