無念の終売となったシングルモルトウイスキー「山崎 10年」その歴史を辿る!

販売終了となった“10年”。そのお味は?

今やジャパニーズ・ウイスキーの超メジャー銘柄として君臨する「山崎」。2003年の『山崎 12年』ISC(インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ)金賞受賞を皮切りに、数々の賞を受賞してきました。

2015年にはイギリスのウイスキーガイドブック「ワールド・ウイスキー・バイブル2015」で見事“世界最高のウイスキー”に選ばれ(※シングルモルト・シェリーカスク 2013)、その品質の高さは世界も認めるものに。

そんな「山崎」。最近では最も手頃なラインナップとして「(新)山崎」(2014年)が発売されましたが、かつては「山崎 10年」がスタンダードな銘柄として人々に愛されていました。

今回は、2013年に終売となった「山崎 10年」を特集したいと思います!

山崎とは

まずは「山崎」についておさらいしましょう。

国産ウイスキー発祥の地、山崎蒸溜所でシングルモルトウイスキー「山崎」が誕生したのは、1984年のこと。山崎蒸溜所竣工60周年を記念した、日本で初めてのピュアモルトウイスキーとして売り出されました。

当時、シングルモルトは、まだ世界でも限られた好事家が嗜むお酒。そんなブレンデッド主流の時代に冒険とも言える一瓶を発売し、現在に至るまで家庭に親しまれる超ロングセラーに成長、今では「世界最高のウイスキー」として、世界に誇れるウイスキーとなりました。

終売した山崎“10年”

高価だが、味の良い「山崎 12年」の廉価版という位置付けで「山崎 10年」は販売されました。しかし、2009年にハイボールブームが巻き起こり、サントリー 角瓶が大ヒットした影響で、原酒が不足。

2013年3月末で「山崎」、「白州」の10年物が終売となりました。そして、2014年からは熟成していない、いわゆるノンエイジの「(新)山崎」と「(新)白州」に置き換わったのです。

「山崎 10年」は、「山崎 12年」よりも風味は劣るものの、入門用としては十分な味わいでした。価格は700mlで¥4,000程度。「山崎 12年」が700mlで¥7,000程度ですから、それに比べれば断然お手頃ですよね。

今店頭に並んでいる「(新)山崎」は、簡単にいえば若いウイスキーなので、「山崎 10年」のほうが評価は高く、手頃に味わえる本格派ウイスキーでした。

気になる、お味は?

ウイスキー初心者からウイスキー通まで愛されている「山崎10年」は、スムーズで柔らかな口当たりが楽しめます。

また、ホワイトオークを中心とした酒齢10年以上のモルト原酒を中心につくられているため、樽の木の香ばしさが感じられるのが特徴。水を数滴加えると、クッキーやビスケットのようなほのかな甘みを見つけることもできます。

ピュアモルトならではの癖のある味わいに仕上がっていますが、白州に感じられるようなさわやかさもあり、本格的なウイスキー通でも納得がいく飲みごたえがあります。

“10年”を手に入れるには

そんな、販売が終わってしまった「山崎 10年」ですが、実は手に入れる方法があります。一番簡単な方法はネットショップで購入すること。amazonでも検索してみるといくつか出てきますね。

価格はだいたい700mlで¥14,300 …! 「山崎12年」も同程度の価格で販売(※原酒不足のため、こちらも品薄状態)されていますので、思い切って購入するなら「山崎 12年」のほうがお得かも…。

とはいえ、「山崎 10年」が飲んでみたい! という方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

「山崎」が好きでたまらなくなったら、コレクションとして集めてみるのも良いかもしれません。それぞれの深い味わいを、ぜひ楽しんでみてください!

世界的なウイスキー『山崎』シリーズの全24種類を徹底網羅!


二日酔いにお悩みですか?

もしあなたが二日酔いにお悩みでしたがお力になれるかもしれません。私自身もお酒好きで二日酔いには悩まされています。そんな方へのおすすめ情報があります。



グラスで晩酌が変わる!

毎日の晩酌が楽しくて日々の仕事を頑張っている方は多いでしょう。私もその一人です。そんな人生の楽しみである『晩酌』をさらにすばらしいものにするための提案です。最高のグラスで最高の晩酌をしませんか?


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください