お家に残ったウイスキーで簡単に料理を楽しむ3つのレシピ

ウイスキーをもらったけど、残っちゃったわって方、料理に使っていきましょう!

愛好家にとっては、ウイスキーを愉しむ時間は素敵なものですが、中には度数の高いお酒は苦手…という方や、ウイスキーに挑戦してみたけど、自分には合わなかったという方もいらっしゃるでしょう。

そんな方は、残ったウイスキーを料理に使って愉しんじゃいましょう♩

ウイスキースペアリブ

まずは材料を鍋に入れて煮込むだけという、ウイスキーを使った超簡単スペアリブをご紹介します。醤油とニンニクにウイスキーの風味が加わり、濃厚な味わいに。おつまみにも最適です!

材料

  • スペアリブ 800g
  • ウイスキー 200cc
  • 醤油 60cc
  • 砂糖 大さじ4
  • にんにく 1片

作り方

  1. 鍋に材料を全部入れ強火で沸騰させ、まずアルコールを飛ばします
  2. 蓋をしめて弱火で30分ほど煮込みます。その後火を止め、1時間置きます
  3. しっかりと味が染み込んだら完成です

ウイスキー ポークソテー

今度は豚肉を使ったレシピ。ウイスキーと醤油の相性が良いです。ワインビネガーを加えることでソースに、より深みが出ます。

材料

  • 豚肉(厚切り) 1枚
  • ウイスキー 25cc
  • 醤油 大さじ1
  • ワインビネガー 小さじ1/2

作り方

  1. まず、焼いた時に縮まないように、豚肉の筋を切っておきます
  2. 次に豚肉に塩・コショウをし、小麦粉をさっと薄く振ります
  3. フライパンを火にかけ、弱火でオリーブオイルを熱し、香り付け
  4. まずフライパンに豚肉を立てて、側面の白い脂身の部分を強めの中火で1〜2分焼きます
  5. 引き続き中火にして、盛り付ける時に表になる面から焼いていきます。フライパンを傾けて、スプーンで油をすくってお肉にかけながら、裏返さずにじっくり焼きましょう
  6. 肉の周りが白くなって脂身が透明になったら裏返して火を止めます。そのまま1分置いて、余熱で裏面を焼きます
  7. 豚肉を皿に盛り、フライパンに残った油にウイスキー、醤油、ワインビネガーを加え、ソースを作ります
  8. 最後に盛り受けた豚肉に、ソースをかければできあがり!

ウイスキークリーム&ビスコッティ

今度は甘い料理をご紹介! おやつに最適なウイスキークリーム&ビスコッティです。ゆっくり過ごしたい時に、ぜひお楽しみください。

材料

  • 生クリーム 50㏄
  • ウイスキー 大さじ2
  • インスタントコーヒー 大さじ1
  • 砂糖 大さじ3〜4
  • 卵 3個
  • 薄力粉 60g
  • アーモンドプードル 15g
  • 砂糖 75g
  • 粉砂糖 大さじ3
  • 塩 ひとつまみ

ビスコッティの作り方

  1. まず、卵白に塩を一つまみ入れ泡立てます。砂糖を数回に分けて入れ、しっかりとしたメレンゲを作っていきます
  2. 溶いた卵黄をメレンゲに流し入れ更に泡立てます。その後、ふるった薄力粉とアーモンドプードルをさっくりと混ぜ合わせる
  3. 絞り袋に生地を入れ、クッキングペーパーを敷いた天板の上に25本分くらい搾り出します。次に粉砂糖を振り掛け、180℃で15分程度焼きます。焼き上がりが持った感じ、軽くなれば出来上がりです

ウイスキークリームの作り方

  1. 生クリームに大さじ1杯の砂糖をいれ8分立てにします。そこにウイスキー、水溶きコーヒーを加え、再び泡立てる。固めに泡立てたら完成! ビスコッティーにクリームをディップして、愉しんでください

まとめ

今回は、3つの簡単レシピをご紹介しましたが、いかがでしたか?

どれもお家で気軽にできる料理なので、ぜひお試しくださいね。ソテーのフランベに使うだけでも料理の味が格段に良くなるので、オススメです!


二日酔いにお悩みですか?

もしあなたが二日酔いにお悩みでしたがお力になれるかもしれません。私自身もお酒好きで二日酔いには悩まされています。そんな方へのおすすめ情報があります。



グラスで晩酌が変わる!

毎日の晩酌が楽しくて日々の仕事を頑張っている方は多いでしょう。私もその一人です。そんな人生の楽しみである『晩酌』をさらにすばらしいものにするための提案です。最高のグラスで最高の晩酌をしませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です