ウイスキーの度数が違うと何が違う?アルコール度数から考えてみる

経済的に飲むか、突き詰めて飲むか。様々な角度からウイスキーを掘り下げてきましたが、今回はウイスキーのアルコール度数について書きたいと思います。

一般的なウイスキーの度数といえば、43度前後のものが多い印象です。しかし、最近の消費者ニーズの多様化によって、ウイスキーの種類も広がりを見せています。

ひとえにウイスキーのアルコール度数と言っても、そこから見えてくることが意外とあるかも…!?ということで、まずはアルコール度数の低い銘柄からご紹介しましょう。

アルコール度数の低い銘柄

最近のハイボールブームもあって、低い度数のウイスキーも多く出回るようになりました。低いアルコール度数ということは、簡単に言うと瓶詰めの時の割り水が多いということ。なので低価格帯のウイスキーが目立ちますね。

『トップバリュ ウイスキー』

  • 度数 37度
  • 容量 720ml
  • 参考価格 ¥598

『ブラックニッカ クリア』

  • 度数 37度
  • 容量 700ml
  • 参考価格 ¥800

バーボンの有名銘柄『ワイルドターキー』は度数40度。高めの価格帯のウイスキーの中で度数が飛び抜けて低いのが特徴です。

『ワイルドターキー』

  • 度数 40度
  • 容量 700ml
  • 参考価格 ¥2,200

アルコール度数の高い“シングルカスク”

アルコール度数の高いウイスキーは、たいていの場合シングルカスクであることが多いです。シングルカスクとはどういったウイスキーなのでしょうか?ご説明します。

シングルカスク=樽出し

ひとつの樽から取り出して、そのまま瓶詰めしたウイスキー、これをシングルカスクと言います。蒸留所にはたくさん貯蔵されている熟成樽。本来はこの中で貯蔵・熟成させたウイスキーを理想的な香味になるようブレンドして販売します。

しかし、シングルカスクは全くブレンドせず、樽から出したそのままのウイスキーを瓶詰めするということ。また、シングルカスクはカスクストレングスという手法で瓶詰めされることがほとんど。

これは、樽出しそのままを瓶詰めするというもので、通常のウイスキーは水を加えてアルコール度数を調整します。しかし、カスクストレングスは水を加えず瓶詰めするため、樽出しそのままのウイスキーを味わうことができます。調整をしないため度数は50〜60度ぐらいの高いものが多いです。

『スプリングバンク カスクストレングス』

  • 度数 50度〜55度(ボトルによって異なる)
  • 容量 700ml
  • 参考価格 ¥7,000

『ラガブーリン カスクストレングス』

  • 度数 57.5度
  • 容量 700ml
  • 参考価格 ¥10,000

日本では、『ニッカ フロム ザ バレル』などが有名。ウイスキーの味そのものを追求する愛好家たちから絶賛され、ニッカの品質の高さを世にアピールすることに繋がりました。

『ニッカ フロム ザ バレル』

  • 度数 51度
  • 容量 500ml
  • 参考価格 ¥2,592

度数の違いから見えてくること

ここまで見ていただいて、きっとアナタも気付いたはず。度数が高いウイスキーというのは、瓶詰めの際に行われる加水による調整がない、まとは少なく原酒の味を大切にするものが多い。

対して度数が低いウイスキーは一部を除いて、割り水を多くして原酒そのものの使用量を減らしてコストを削っているものが多いと推測されます。つまり、とてもザックリ説明するとアルコール度数が低い銘柄より度数が高い銘柄のほうが高品質のウイスキーが多いということ。もちろん例外はありますが。

なので、ハイボールなどでライトに楽しみたい方は度数が低いウイスキーを、ウイスキーが好きで好きでたまらないという愛好家のみなさんは、度数の高いシングルカスクをどんどん飲んでいきましょう!


二日酔いにお悩みですか?

もしあなたが二日酔いにお悩みでしたがお力になれるかもしれません。私自身もお酒好きで二日酔いには悩まされています。そんな方へのおすすめ情報があります。



グラスで晩酌が変わる!

毎日の晩酌が楽しくて日々の仕事を頑張っている方は多いでしょう。私もその一人です。そんな人生の楽しみである『晩酌』をさらにすばらしいものにするための提案です。最高のグラスで最高の晩酌をしませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です