ハイチオールCで二日酔い対策!飲むタイミングや効果的な服用方法を紹介

お酒好きが一生向き合っていかなればならないと言っても過言ではない二日酔い。楽しくて飲み過ぎてしまった夜の翌朝の憂鬱な目覚めは誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

頭痛、吐き気、だるさ、もはや病気と勘違いするほどのあのつらい朝をもう経験したくないと誰もが思うでしょう。そんなあなたにここでは二日酔い対策に効果的と話題の『ハイチオールC』について紹介します。

ウコンの力やヘパリーゼなど近年続々と登場している二日酔い予防商品にも決して負けないハイチオールCの驚きの効果について徹底解剖していきます!

ハイチオールCが二日酔い対策に効果的な理由

ハイチオールCが二日酔い対策に効果的であるのは、ハイチオールCの主成分である「Lシステイン」に秘密があります。はじめて聞いた方も多いかと思いますが、この「Lシステイン」がすごいんです。

ハイチオールCの主成分「Lシステイン」とは

ハイチオールCには実は「Lシステイン」以外にも主成分と呼ばれるものがありますが、中でも二日酔い対策に効果があるのが「Lシステイン」なのです。具体的な効果としては以下があります。

  • アセトアルデヒドの分解を早める
  • 急性アルコール中毒を予防する
  • 慢性アルコール中毒を治療する
  • 禁酒を助ける
  • 肝臓保護(※代謝物であるタウリンの効果)

なんといってもアルコールによってもたらされる毒素である「アセトアルデヒドの分解は早める」という効果が大きいです。これはアルコール摂取中でもそうですが、二日酔いになってしまった後でも効果があります。

さらに、このハイチオールCにはあの二日酔いになってしまった朝の「全身のだるさ」にも効果があります。風邪かと勘違いしてしまうあのだるさを少しでも和らげたいときには効果的です。

通常の倍速でアセトアルデヒドが分解される

理論上ですが、ハイチオールCの「Lシステイン」の摂取することでおよそ倍のスピードで二日酔いの原因となるアセトアルデヒドを分解することができます。つまり、二日酔いになってしまったとしても半分の時間で治るということです。

仮に24時まで楽しくお酒を飲んでいて、翌日の12時までアセトアルデヒドの分解に時間を要するとします。つまり、翌朝の午前中は二日酔いに苦しまなければならないという状況です。

そんな状況であっても「Lシステイン」の効力で倍速でアセトアルデヒドを分解することで翌日の6時には分解が完了するということになります。つまり、朝起きたころには分解が完了しているため、二日酔いに苦しまなくてよいということです。

より効果的なハイチオールCの飲み方とは

まずハイチオールCの用法・用量としては1回2錠、1日6錠となっています。薬はたくさん飲めばよいというものではありませんので、しっかり用法・用量を守って使用する必要があります。

もっとも効果的な飲み方としては、お酒を飲む前にまず2錠、そして、お酒を飲んだ後に次の2錠を飲みます。薬が効き始めるのは飲んでからだいたい1時間前後はかかりますので、飲酒の1時間前には服用するようにするといいです。

ここでひとつ注意点なのですが、このハイチオールCは「酔う」ということ自体を防ぐ効果があります。つまり、酔いにくくなるということです。思いっきり酔っぱらいたいときもたまにあると思います。

そういったときは多少の二日酔いを覚悟して、飲酒前の服用はせずに、飲酒後だけにするとよいでしょう。

あのヘパリーゼも効果がおすすめです

ここではハイチオールCについて紹介してきましたが、やはりヘパリーゼもおすすめです。主成分自体が全然違いますが、ヘパリーゼにもハイチオールCにも負けないくらいの効果があります。

どの商品があなたに一番あうかは体質によっても異なります。いろいろと試してあなたに最適な商品を見つけておくと、いざというときにきっとあなたの助けになるでしょう。

どれもそれほど高いものではありませんので、焦らず一つずつ試してみて、あなたの体質に合うものを見つけて、自宅にストックしておくとよいでしょう。

二日酔い予防にはヘパリーゼ!本当に防止できるかは飲むタイミングが重要


二日酔いにお悩みですか?

もしあなたが二日酔いにお悩みでしたがお力になれるかもしれません。私自身もお酒好きで二日酔いには悩まされています。そんな方へのおすすめ情報があります。



グラスで晩酌が変わる!

毎日の晩酌が楽しくて日々の仕事を頑張っている方は多いでしょう。私もその一人です。そんな人生の楽しみである『晩酌』をさらにすばらしいものにするための提案です。最高のグラスで最高の晩酌をしませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です