グレーンウイスキーとは何?その特徴やおすすめの銘柄5選

ウイスキーと聞いて有名な分類としてはスコッチやバーボンがあります。聞いたことがある方も多いでしょう。ですが、他にもいろんな分類のされ方があるのです。

シングルモルトやピュアモルトなどと分類することもあります。そんな多彩な種類のウイスキーですが、ここではグレーンウイスキーについてご紹介していきます。

ウイスキーの分類でもグレーンウイスキーという単語はあまり耳にしないかもしれませんね。知ってるとちょっとかっこいい雑学を頭にいれておいて損はありません。

グレーンウイスキーとはそもそも何か

まずはグレーンウイスキーとはそもそも何なのかというところですが、グレーンとは「穀類」のことです。つまり、トウモロコシなどの穀類を用いて作られたウイスキーのことです。

もう少し詳しく説明していくと、トウモロコシ、ライ麦、小麦などの穀類を主原料として、そこに大麦麦芽を糖化酵素として加え製造されたウイスキーということになります。

グレーンウイスキーとよく並んで紹介される「モルトウイスキー」があります。モルトウイスキーとは「大麦」を原料として製造されたウイスキーです。このようにウイスキーは原料に応じて呼び方が変わるのです。

グレーンウイスキーの味の特徴や名産地は?

それでは次は気になるグレーンウイスキーの味の特徴や名産地についての情報を紹介していきます。あなたがグレーンウイスキーが好みのタイプか判別するのに参考にしてください。

味の特徴

まずは気になる味の特徴からですが、トウモロコシや小麦などの穀類と麦芽を原料として発酵させ、次に連続式の蒸溜機で蒸溜することから風味が軽くて穏やかな味になります。

軽やかな味わいからサイレント(静かな)スピリッツとも呼ばれています。ウイスキー初心者の方やあまりキツイお酒が得意でない方、女性の方などにはおすすめです。

ウイスキーの中では飲みやすい銘柄も多いです。ウイスキー独特の強い香りが好きな方には少し物足りなさもあるかもしれませんが、ハイボールなど爽やかに飲みたい時にはおすすめです。

名産地

次はグレーンウイスキーの名産地となります。ウイスキーは世界各地で作られていますが、グレーンウイスキーが主にこの3つの国で製造されています。

  • イギリス(スコッチ)
  • アイルランド(アイリッシュ)
  • 日本(ジャパニーズ)

スコッチやアイリッシュ、ジャパニーズとしてもグレーンウイスキーは製造されています。あなたの好きなあのウイスキーも実はグレーンウイスキー、ということがあるかもしれませんね。

なんと我が母国である日本でもジャパニーズウイスキーといて製造されているグレーンウイスキーがあるのです。ウイスキー好きなら誰しもが知っているであろうあのウイスキーです。

グレーンウイスキーのオススメ銘柄5選

それでは、具体的にグレーンウイスキーの有名どころを紹介していきます。知らず知らずのうちにあなたも飲んだことがあるかもしれませんね。案外有名なものも多いのです。

ウイスキーの中でも飲みやすく軽やかな風味のウイスキーをお探しの方には特におすすめな銘柄ばかりです。ぜひとも、飲んでみていただきたいウイスキーばかりです。

知多

まずは知多です。風かおるハイボールなどユニークなキャッチフレーズで有名なジャパニーズウイスキーです。この軽やかな味わいはグレーンウイスキーならではです。

  • 国:日本
  • メーカー:サントリー
  • 度数:43度
  • 特徴:軽やかでほのかな甘い香り

ロッホ・ローモンド

ローランド地方との境界線近くの南ハイランド地方にあり、シングルモルトとグレーンウイスキーの2つの蒸留所が同居するロッホローモンド蒸留所で生まれたウイスキー。独自のクーバレッジを持つ数少ない蒸留所です。

  • 国:スコットランド
  • 蒸留所:ロッホローモンド蒸留所
  • 度数:40度
  • 特徴:さわやかで繊細な味わいとバニラのような甘さ

キャメロン・ブリッジ

またまたローランド地方のグレーンウイスキーです。ファイフにあるキャメロンブリッジ蒸留所で製造されているウイスキーです。近代化が進んで現代的な蒸留所であり、現在はディアジオ社が所有しています。

  • 国:スコットランド
  • 蒸留所:キャメロンブリッジ蒸留所
  • 度数:40度
  • 特徴:フルーツのような甘酸っぱい後味

カーヴァン パテントスティル No4

1831年にアイルランド人のイーニアス・コフィが考案し特許をとった連続式蒸留器を使用して、アメリカン・オーク樽で熟成されたウイスキーです。熟成年数は残念ながら公開されていません…。

  • 国:アメリカ
  • メーカー:カーヴァン
  • 度数:42度
  • 特徴:ほのかに甘く、香りと後味がすばらしい

ニッカ カフェグレーン

通所のグレーンウイスキーとは一味違い、カフェ式連続式蒸留器ならではの、トウモロコシ由来のしっかりとした甘さが特徴です。カフェ式連続式蒸留器は華やかな香りや深みをもたらすと言われています。

  • 国:日本
  • メーカー:アサヒビール
  • 度数:45度
  • 特徴:バニラやチョコレートのような甘い香りに軽やかな舌触りとハチミツのような甘さ

まとめ

グレーンウイスキーはブレンデッドウイスキーのベースとして使われることが多い原酒です。そのため、全般的に香味が乏しいというイメージがありますが、ここでは一味違うグレーンウイスキーを紹介してきました。

ロックで楽しむだけでなく、最近はハイボール人気も高いことから、より爽やかで爽快なハイボールを作ることができるウイスキーとしても人気です。知多がその代表格だと言えるでしょう。

癖もあまり強くないものが多いですので、これからウイスキーを勉強しながら楽しみたいと思っている方には特におすすめしたいです。まずは購入しやすい知多から始めてみるものいいでしょう。


二日酔いにお悩みですか?

もしあなたが二日酔いにお悩みでしたがお力になれるかもしれません。私自身もお酒好きで二日酔いには悩まされています。そんな方へのおすすめ情報があります。



グラスで晩酌が変わる!

毎日の晩酌が楽しくて日々の仕事を頑張っている方は多いでしょう。私もその一人です。そんな人生の楽しみである『晩酌』をさらにすばらしいものにするための提案です。最高のグラスで最高の晩酌をしませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です