ウイスキーを語る上ではずせない原料である「ピート」とは

「ピーティー」ってなによ? と思ったアナタ。

深い味わいと香りが魅力のウイスキー、愛好家はストレートに少しずつ水を加え、変化する風味を楽しむそうです。

銘柄や年代によって様々な味わいがあり、その説明もとても詩的。用語を知らないと、全く何を言っているのか分からないこともよくあります(笑)。

その中でもウイスキーの香りを表現するときに「スモーキー」、「ピーティー」といった言葉を聞くことが多いですよね。

今回はウイスキーにスモーキーな香りをつける“ピート”についてご紹介したいと思います!

ピートとは?

まずピートとは、植物が堆積し、長い年月をかけて炭化した泥炭(炭化のあまりすすんでいない石炭)のこと。掘り出したときは粘土状ですが、それを乾かすことで燃焼性が増します。

スコッチ・ウイスキー製造の初期工程で、大麦を発芽させて麦芽にした後、麦芽の成長をとめるために乾燥させる際にピートをたいて大麦を乾燥させることで、ピートの香りが大麦麦芽に移ります。

この時に付く香気を「ピート香」と言い、ウイスキーに個性を与える重要な役割を果たします。ピートを多く使用することで生まれるウイスキーの風味が「スモーキー」、「ピーティー」と表現されるのです。

日本でも石狩平野で採取され、ニッカウヰスキー『余市』などの製造に使われています。ピートで燻して大麦麦芽を燻製状態にするから、あの芳ばしいスモーキーな風味が生まれるんですね。

強いピート香といえば、アイラ

強いピート香と独特な風味が特徴のウイスキーがあります。それは、アイラ島で作られているアイラモルトと呼ばれているウイスキーたち。このウイスキーたちは海辺で作られるため、ピートに潮風が染み込んで、海藻の香りもします。

『ボウモア』や『ラフロイグ』などが有名な銘柄。その独特な風味は、好き嫌いがはっきり分かれますが、好きになった方はとことん好きになるくらい個性的です。

海藻由来の成分も含まれ薬品臭(ヨード香)もすることから「メディシナル」と言われます。

時代に迎合しない『ボウモア』

その中でも、『ボウモア』を製造するボウモア蒸留所は、時代に迎合しない昔ながらの製法を貫いています。

今でも手動の「すきかえし」を行う自然のフロア・モルティングから、昔ながらの発酵槽を、けっしてフォークリフトを使わずに人の手だけを使ってそっと優しく樽をころがして熟成倉庫で管理する。

その製法は時代を越えて、継がれています。効率化を求める最近の蒸留所とは違い、何世代にも渡って頑固を貫く姿勢は魅力的な渋みがありますね。

ボウモア 12年

  • 容量 700ml
  • 希望小売価格 ¥4,400

最近はあまりピート香が強くないウイスキーが主流ですが、『ボウモア』をはじめとしたアイラモルトの個性的な味わいは、世界で高く評価されています。

国産ウイスキーでは、よりピート香の強い『シングルモルト余市 ヘビリーピーテッド』、『山崎ヘビリーピーテッド』、『白州へビリーピーテッド』といった銘柄が数量限定で販売されていました。

こういった国産ウイスキーのピート香もスコットランド産のピートが多く使われています。

アイラの女王!ボウモアが作られる蒸留所とは

ピート、実は買える!?

そんなピートですが、実はネットで買えます。いや、これを買ったところでウイスキーを作れるわけではないのですが…。

燻製やバーベキューをすれば、より深みのある味わいが楽しめるそうです。気になる方は、ぜひお試しあれ。

ソト(SOTO) いぶし処 ピートスモークパウダー

  • 内容量 150g
  • 参考価格 ¥1,145

まとめ

いかがでしたか?

ピートを知れば、ウイスキーの魅力も一層楽しめるはず。素敵にスモーキーなウイスキーライフをぜひ楽しんでくださいね!


二日酔いにお悩みですか?

もしあなたが二日酔いにお悩みでしたがお力になれるかもしれません。私自身もお酒好きで二日酔いには悩まされています。そんな方へのおすすめ情報があります。



グラスで晩酌が変わる!

毎日の晩酌が楽しくて日々の仕事を頑張っている方は多いでしょう。私もその一人です。そんな人生の楽しみである『晩酌』をさらにすばらしいものにするための提案です。最高のグラスで最高の晩酌をしませんか?


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください